栗きんとんの本場!岐阜中津川の栗100%!本物の栗きんとん

2020年10月02日

血圧や持病はとりあえず薬で抑えるけど最後は自力でなんとかしたい

薬には効果もあれば逆効果の部分もある。
いろんな雑誌や書籍でお医者様が教えてくれています。

お気に入りの薬は血圧を安定させたり、便通を良くしたりするので
ついつい習慣的に使用しがちです。
本来はより副作用が少ない薬に変えていき、最後は薬を使わない
生活に戻すほうが健全ですよね。

出張先や旅行先で薬が切れたら・・・・苦しいと思います。

薬は処方箋がないと買えないので要注意ですね。

サプリメントで症状を抑えられたら?
普段の購入に処方箋はいらない。いつでも買えるという安心感があります。

でもサプリもいつかは止めるぞ!
という気持ちがあるとカラダが反応してきます。

「高血圧は自分の思い込みだから、自然に低く安定するはず」
そう思い込んでから数年で降圧剤を徐々に減らし、最小単位の粒を
半分に割って服用して、隔日から数日起きに服用に変えて
最後は服用無しで経過を見ましょうと主治医に言ってもらえました。
その後2年、上が140を超えることが無くなりました。

高血圧は思い込みの場合もあるのです。

老眼もそう。
老眼鏡を普段はかけずに、UVカットメガネに変えて数年したら
裸眼で新聞の記事が見えてきました。見出しじゃなく記事です。

人間のカラダは深層心理しだいで変わるみたいです。
よく言う「潜在意識」を味方につけると、すごい効果が得られるよ。
という教えは本物だと思います。


現在持病を持たれている方は、一度自分の心(脳)を疑ってみてください。
他人様が年取ると高血圧や老眼になっているから自分もなる。
そう思い込んでしまっているだけかも知れません。

その思い込みの方向を潜在意識の力で変えてみましょう。

薬を飲まない生活は楽ですよ。
老眼鏡がなくても本が読めるのも楽ですよ。

潜在意識、お試しあれ。
タグ: 血圧 持病
posted by ちゃんちゃん at 03:17| 老後生活

葬儀の一括見積もりをするなら【葬儀レビ】